ブログトップ

FIRST LIGHT 宇宙

firstlight.exblog.jp

Big eye COSMOS 森羅万象の世界

タグ:天体望遠鏡 ( 6 ) タグの人気記事

072.gif …さっきまで動いてたのになあ~
d0247035_9133752.jpg

美しい星空の元で赤道儀と言う地球の自転に逆らい星を点にして止めてくれる機械がヘソを曲げてしまいました。
本当に次々と予期せぬ事がおきます~ha014.gif

原因はわかっています。
寒さでモーターのグリスが硬くなって歯車が動かなくなったからです。

機械様のためにヒーターで暖めてやるしかない。

2つの天体を撮って撮影は中止。
この日は稀に見るピーカン!なかなか晴れてれくれない北陸の空が勿体ないぜ!畜生め!

無上にも天頂に昇った「昴」がものすごく綺麗だ。
「そう簡単には撮らせてやなないよ」って言ってるような~

次回はご機嫌直してくれるかどうか…008.gif

[PR]
by bigeye-cosmos | 2011-10-28 09:20
017.gif 新たに宇宙(そら)を広視界で撮影できるシステムをテスト中です。
d0247035_19291584.jpg
オレンジ色の望遠鏡は反射撮影アストロカメラといわる天体撮影専用光学機器です。
口径は180ミリと小ぶりですが、口径比はF/2.8とメッチャ明るいのが特長です。
いままでの視野の5倍から10倍の広い空を一度で撮影ができます。
接眼部に高感度の冷却CCDカメラを付けています。

その上には、Canon純正の400ミリF/2.8レンズが親子カメ状態で載せています。
天体写真用に改造した35ミリフルサイズのデジタルカメラ5DMark2が付いています。

カメラ2台で同じ天体を同時に撮影しますが光りの片方は波長を変えられるようにしています。
また撮影対象によりレンズを別のものへ交換して使用します。

制御用のパソコンは2台使用しますので電源の確保が大変でした。
この日はテストでオリオン星雲を撮影してみました。後日掲載しますね♪

撮影途中思わぬトラブルが発生すので、原因を突き止めひとつひとつ潰して行きます。
この日もいくつかの問題が発生しました。
しかしながら、まずまずの成果がありまた一歩前進しました。072.gif

[PR]
by bigeye-cosmos | 2011-10-20 19:29
019.gif もっともっと覆してタイムマシーンを造ってほしいなあ~♪
素粒子ニュートリノが光よりも速く飛ぶとする衝撃的な実験結果の波紋が広がっているようだ。「アインシュタインの特殊相対性理論では、質量を持つ物体の速度が光速を超えることはない」

しかし、ニュートリノはわずかだが質量を持っていて、実験結果が正しければ、現代物理学を支える相対論を根底から覆すことになる!
だから学者たちは戦々恐々としている様だ。


矢追純一氏曰く、「人間って学んできた常識を覆されるほど怖いことはない」と言う。

そうだろう、物理学者は理論と実験で証明してきた事を否定される訳だからね。即!死活問題になる。
(笑)宇宙全体の4%も知らない人間が何言うか!この騒動、結局は装置に不具合があったようだが、原因がわかるまで夢に浸れた。

おっと!自分はタイムマシーン持ってた。天体望遠鏡というタイムマシーンを!
何万年も昔しの生きてる姿を観る事が出来る。ただそれは過去しか行けないけどね。003.gif

[PR]
by bigeye-cosmos | 2011-09-27 00:27
この画像が“FIRST LIGHT”です。
d0247035_820272.jpg
060.gif★M13(NGC6205) ヘルクレス座/球状星団(V) 光度 5.7等 距離 26,000光年
画像をクリックすると大きくなります。↑063.gif


d0247035_18492812.jpg 美しさでは全天一とも言われるM13は北天最大の球状星団です。小口径でも大口径でもメッチャ楽しめる素晴らしい天体です。

日本では南中するとほぼ天頂付近になるため、大気の影響などを受けにくく、楽に観測できます。

この画像も冷却CCDで撮影しています。撮影日は2011年6月20日。お休みしていた天体撮影を再開した記念日になりました。

Meade社の天体望遠鏡、LX200-25 F/6.3と冷却CCDで撮影を行った初めのショットです。これが“FIRST LIGT”画像ととなります。

画像処理しないとこのようなカラーにならず、その処理が面倒だったのでサボってました。

処理して改めて美しい姿に感激しました。072.gif

[PR]
by bigeye-cosmos | 2011-07-19 18:33
撮影機器に16Bitの階調を識別できる冷却CCDと言われる撮像素子とペルチェ素子で外気温度から-25度まで冷やし電気ノイズを極力減らして撮影しています。
d0247035_22243860.jpg
これを使えば16Bitで撮れば満月の月明かりの光害の元での撮影でも可能にしています。
画像16bitとはグレースケールで65536階調の灰色で表現し、階調(白黒の明暗)を見分ける能力を持つので淡いものでも撮影が可能なんです。

だから、東京のド光害の空でも撮影できるよ~ん♪!!003.gif

d0247035_2230141.jpg
ちなみに一眼デジカメのROWデータでは14bitの16384階調表現です。

また、私たちの「視力(色識別能力)」は低く、実用面では[8bit]くらいと言われ、まっ256階調の8bit(RGBそれぞれ8bit、フルカラー)のJPEG画像と同等なのです。16bitとはいかに凄いか分かるでチョ~♪

特殊カメラと望遠鏡の総重量は 約50Kg。毎回移動しての観測は堪える ので庭先に設置しました。

カメラはとてもイメージするカメラにみえません。まるで50ccのバイクのエンジンみたい(笑)

観測機器はかなり高価で壊れるといけないからこれらは毎回組み上げてます。これが大変w
見ての通り、配線地獄です。072.gif

[PR]
by bigeye-cosmos | 2011-07-18 22:16
d0247035_044076.jpg
懐かしい写真1982年頃
おお””スマートw 私はまだ18歳!

天体写真にのめり込んだ頃だ。
望遠鏡の口径は6.8cm 日の金属と言うメーカーのもの。当時の価格で12万円位かな~
望遠鏡専門店ではなくデパートのメガネ売り場で取り寄せ商品。母に買ってもらった物です。

小さな口径で熱心に月、惑星、主に太陽黒点とか撮ったな♪
神秘の世界を望遠鏡で覗いていた夢いっぱいの頃だ!!!
d0247035_13244033.jpg


  ★1982年1月31日の太陽黒点。撮影からフィルム現像、印画紙焼付けまで全ての作業を自分で行っていたのでした。072.gif

[PR]
by bigeye-cosmos | 2011-07-06 15:35