ブログトップ

FIRST LIGHT 宇宙

firstlight.exblog.jp

Big eye COSMOS 森羅万象の世界

大接近した火星には興奮しました。
機材がハイテクになり、画像処理でアマチュアの望遠鏡では考えられない程鮮明な画像を得る事ができました。ビデオで撮影した画像(1秒30コマ×15秒=450コマ)をPC上で合成します。
d0247035_1312407.jpg

火星は太陽の周りを大きく偏心して公転しています。そんため兄弟の地球にも接近する位置により離れていたり遠くで出合ったりして、接近時には見かけ上大きさがその時でかわります。

2003年8月27日の大接近では、火星の明るさは -3.0 等級、火星と地球との距離は約5575万0006kmにまで最接近しました。これより近い大接近は、現在をさかのぼること約6万年前で、未来には284年経つまで訪れない現象でした。072.gif

[PR]
by bigeye-cosmos | 2011-07-12 22:45