ブログトップ

FIRST LIGHT 宇宙

firstlight.exblog.jp

Big eye COSMOS 森羅万象の世界

タグ:CCDカメラ ( 2 ) タグの人気記事

この画像が“FIRST LIGHT”です。
d0247035_820272.jpg
060.gif★M13(NGC6205) ヘルクレス座/球状星団(V) 光度 5.7等 距離 26,000光年
画像をクリックすると大きくなります。↑063.gif


d0247035_18492812.jpg 美しさでは全天一とも言われるM13は北天最大の球状星団です。小口径でも大口径でもメッチャ楽しめる素晴らしい天体です。

日本では南中するとほぼ天頂付近になるため、大気の影響などを受けにくく、楽に観測できます。

この画像も冷却CCDで撮影しています。撮影日は2011年6月20日。お休みしていた天体撮影を再開した記念日になりました。

Meade社の天体望遠鏡、LX200-25 F/6.3と冷却CCDで撮影を行った初めのショットです。これが“FIRST LIGT”画像ととなります。

画像処理しないとこのようなカラーにならず、その処理が面倒だったのでサボってました。

処理して改めて美しい姿に感激しました。072.gif

[PR]
by bigeye-cosmos | 2011-07-19 18:33
撮影機器に16Bitの階調を識別できる冷却CCDと言われる撮像素子とペルチェ素子で外気温度から-25度まで冷やし電気ノイズを極力減らして撮影しています。
d0247035_22243860.jpg
これを使えば16Bitで撮れば満月の月明かりの光害の元での撮影でも可能にしています。
画像16bitとはグレースケールで65536階調の灰色で表現し、階調(白黒の明暗)を見分ける能力を持つので淡いものでも撮影が可能なんです。

だから、東京のド光害の空でも撮影できるよ~ん♪!!003.gif

d0247035_2230141.jpg
ちなみに一眼デジカメのROWデータでは14bitの16384階調表現です。

また、私たちの「視力(色識別能力)」は低く、実用面では[8bit]くらいと言われ、まっ256階調の8bit(RGBそれぞれ8bit、フルカラー)のJPEG画像と同等なのです。16bitとはいかに凄いか分かるでチョ~♪

特殊カメラと望遠鏡の総重量は 約50Kg。毎回移動しての観測は堪える ので庭先に設置しました。

カメラはとてもイメージするカメラにみえません。まるで50ccのバイクのエンジンみたい(笑)

観測機器はかなり高価で壊れるといけないからこれらは毎回組み上げてます。これが大変w
見ての通り、配線地獄です。072.gif

[PR]
by bigeye-cosmos | 2011-07-18 22:16