ブログトップ

FIRST LIGHT 宇宙

firstlight.exblog.jp

Big eye COSMOS 森羅万象の世界

■むかしは夢ある放送をしていた。(31年前)

アナログ放送終了! いいんじゃない。夢ある放送がななら、地デジにするまでもないなあ~。

私の高校生の時(1980年放送)カール・セーガンの「COSMOS」を放送していました。もう頭の神経細胞を刺激し意識は宇宙の彼方へいってました。すばらしい放送でした。

カール・セーガンのお陰で人生を変えたとも言えるでしょう。氏に感謝です♪
d0247035_1945166.jpg

ビッグバーンの宇宙の誕生から現在までのとてつもなく長い150億年(最近の観測では137億年らしい)の時間をスケールダウンして一年のカレンダーに縮尺て説明しています。

これによると道具を使う猿人が出現したのは、何と大晦日の夜23時46分!1秒=500年換算!!で見るとおおよその近代文明は23時59分59秒からと言う事です。0.1秒=50年だ!!

どう?このスケール!悩みなんでゴミより小さいでしょ。今のテレビは、こどもの未来に託す夢ある放送してほしいと願うばかり。

何?COSMOSの映像が古い?古くても中身が濃くて味があんだよ!あじw!072.gif


[PR]
by bigeye-cosmos | 2011-07-01 23:30