ブログトップ

FIRST LIGHT 宇宙

firstlight.exblog.jp

Big eye COSMOS 森羅万象の世界

■木曽観測所へ行ってきました。

058.gif 2011年8月6~7日  木曽御岳山麓にある天文台、
d0247035_21294131.jpg
東京大学木曽観測所一般公開に行ってきました!
d0247035_21123791.jpg
017.gif 大宇宙と対話をする直径約17mのステンレスドーム中には、巨大なカメラが入っています。
実はこれ、天体“望遠鏡“ではないんです。
d0247035_21131796.jpg
シュミトカメラと言い、アストロカメラ!宇宙 (そら)を専門に撮影するカメラなんです。

構造は、筒の先端には補正板と言われる105cmの非球面の透明なガラス板と、筒の底には球面鏡(150cm)に反射して筒の中央の球形の焦点面が撮影面となっています。

なので、望遠鏡みたいな筒の下には覗く接眼レンズが付いていません。

洋梨型というか、かつてのナチスドイツ兵器、巨大りゅう弾砲みたいな形状でデッケーです。

このカメラは、37年前にNikonが造った物で世界で4番目の大きさだそうです。

019.gif 105cmシュミットカメラには萌えました。
うおお!カッコイイ!
d0247035_2115518.jpg
019.gif 俺には、こんなメカだ~い好き。ずっと眺めてても飽きない。さらに萌えるなあ~♪
d0247035_21174549.jpg
003.gif なんと!36cm角ガラス乾板とレントゲンみたいなフィルムホルダーがあった!(右のフィルムホルダーにはシュミットカメラの特徴である曲面があるぞい!)
ガラスフィルム 乾板で得られる視野はなんと、広視野の 6°
うわ~アナログ世代には、涙物でつ♪
d0247035_2116591.jpg
003.gif まるで大砲!!特別な許可を頂き中2階で撮影しました!ラッキー!!
d0247035_21192734.jpg

d0247035_14816.jpg写真乾板は、ヘールボップ彗星、百武彗星、バラ星雲、M31アンドロメダ星雲、M45のスバルなど展示してあり、宇宙をルーペを使って旅をしました。

006.gif 「ふむふむ・・・アンドロメダ星雲ピントの追い込みが甘いな!!w」

冷温保存されてた貴重なフィルム乾板は1996年に接近した百武彗星の撮影でフィルムのほとんどを使いはたしたとか。

フィルムはアメリカのパロマ天文台の規格でコダック社の103系の乾板が作られましたがすでに生産終了ってことで、もうこんな視野は現在得られません。

彗星の撮影には紫外線~緑の領域まで感度があるコダック103 O 乾板を使用して撮影されています。
このサイズだと殆どベタ焼き状態の写真です。

d0247035_21182347.jpg
上の画像は収差補正レンズ付きの冷却CCDカメラです。現在はフィルムの100倍はある超高感度のCCDカメラに代わりました。
液体窒素で-160度まで冷やし、熱電気ノイズを極限まで減らし観測をすると言います。
補正レンズとCCDカメラとの間には空間があり、霜降り防止に真空にして使うそうです。
フィルム乾板の1/4をカバーできるので乾板より視野は小さいとはいえ、かなりデカイです。 
019.gif う… 動かしてくれて感激でつた。カッコイイ!ほちい~ニャでw
「先生、このおもちゃ僕にくだちゃい~♪」072.gif

[PR]
by bigeye-cosmos | 2011-08-09 21:51